主婦が借りれるカードローン!全ガイドを紹介します!

2018年12月16日

専業主婦でも借りることができるカードローンって存在するのでしょうか。

あなたのその素朴な疑問に答えてみたいと思います。

まず結論から言ってしまうと専業主婦でもカードローンでキャッシングを受けることができます。しかし専業主婦で借りれるカードローンと言ったとしても専業主婦でも職についているかたもいらっしゃいますよねなので。

専業主婦でも借りることができるカードローン

パターンとしては二つあります。

専業主婦で借りることはできるカードローンと兼業主婦で借りることができるカードローンの2種類ということですね。

例えばの話あなたは専業主婦でしょうか専業主婦であれば専業主婦向けのカードローンを頭に置いておくだけで融資を有利に進められるという場合もありますので事前に勉強しておくことは大事と言えるでしょう。

こちらのサイトでは定期的に収入のない専業主婦とパートタイムやアルバイトなどで実際に月々の収入がある兼業主婦でお金を借りることができるカードローンの金融会社の実名を上げて行くと共に、カードローンに対する知識も少し後悔していきたいと思います。

どうしても今日中にキャッシングを受けたい、旦那には内緒でお金を借りたい、なるべく金利が低いところでお金を借りたい。

といった個人の状況があると思いますが、なるべくであれば自分自身の状況に合わせたところでキャッシングを受けたいと思うのが心情ではないでしょうか。

このサイトではあなたが実際に自分の状況に合わせた金融会社でキャッシングを受けられるように情報をまとめていきたいと思います。

 

このサイトで学ぶことでもしあなたが初めてキャッシングを受けたいと思ったとしても たとえ収入のない専業主婦だとしても、キャッシングに対する素朴な疑問を解決するための手立てとなることができると自負しています。

 

それではまずカードローンなどに関する基本となる知識を紹介して行く前に一刻も早くお金を借りたいどこで借りれるのかといった専業主婦のあなたの疑問に応えるべく、専業主婦のあなたにオススメしたいカードローン会社を紹介していきたいと思います。

まずはじめに入れることは専業主婦であれば銀行カードローンを利用するということがお勧めです。

専業主婦におすすめの銀行カードローン会社はどこ?

まず専業主婦の方にお勧めできるのが横浜銀行のカードローンですね。

横浜銀行のカードローン

金利は1.9%から14.6%

限度額は10万円から1000万円

審査速度に関しては最短1時間から融資が可能

どんな利点があるのでしょうか

なるべく多めに融資を受けたい時に横浜銀行は他の地方銀行を利用するよりもお得だと言えるでしょうちなみに東京神奈川群馬県にお住まいのあなたであれば横浜銀行の口座を持っていなくても融資の申し込みをすることが可能です。

→公式サイトへ

プロミス

収入がゼロの専業主婦の方向けではありませんがパートタイムやアルバイトなどで突き当たりの安定した収入のある兼業主婦におすすめのカードローン会社と言えるでしょう。

金利は4.9%から17.8%

限度額は1万円から500万円

審査速度に関しては最短1時間から融資が可能

どんな利点があるのでしょうか

金融会社プロミスの強みは何と言ってもその審査から審査決定までのスピードの速さにあります今すぐにお金が必要という主婦の方にお勧めができますちなみにレディースプロミスという商品もあり、他の金融会社と違い女性専用窓口というものがあり初めてのキャッシングで不安に思っている主婦の方にも自信を持ってお勧めできるカードローン会社と言えます

公式サイトへ

レイク alsa

金利は4.5から18.0%

限度額は1万円から500万円

審査速度に関しては最短で即日融資が可能

どんな利点があるのでしょうか

金融会社であるレイク alsa は新生銀行グループの消費者金融。

特徴としてキャッシング審査の申し込みから借り入れ決定までが最短1時間でキャッシング可能という特徴があります今すぐにお金が必要な主婦の方にも安心して審査申し込みができると言えるでしょう正しい即日での申し込み振り込みを希望の場合は平日の14時までに申し込みと本人確認書類の提出と窓口での確認完了が必要となります場合によっては審査で希望に添えない場合もあることを予めご了承ください

ちなみにもう一つの特徴として初めてレイクアルサを利用する方に関しては無利息期間が利用することができなおかつ2種類の無利息期間から選ぶことができますので効率よくお金を借りることができると言えるでしょう

→公式サイトへ

SMBC モビット

金利は3.0から18.0%

限度額は1万円から800万円

審査速度に関しては最短30分の審査で融資を受けることが可能です

特徴としては SMBC モビットは誰にも内緒でお金を借りたいというあなたにおすすめの 金融会社ですカードローン申し込みの際に Web 完結を選択すると特に電話連絡での在籍確認や郵便物送付なしでお金を借りることができます。

専業主婦の方であれば旦那や家族に内緒でお金を借りたいと言う方がほとんどだと思いますのでそういった方におすすめのカードローン会社です

公式サイトへ

アイフル

金利は4.5から18.0%

限度額は1万円から500万円

審査速度に関しては最短30分の審査でキャッシングを受けることが可能です

特徴としてはアイフルは CM でもおなじみの会社ですので皆さんもご存知ですよねそういった点から安心感というところで強みがあるといえますちなみに初めてアイフルを利用するという形であれば30日間の無利息期間を利用することが可能です

公式サイトへ

だけどどうして専業主婦の方には銀行のカードローンがお勧めと言えるのでしょうか。

そもそもの疑問として専業主婦向けでお勧めしたカードローンのランキングを見て行きましたがどうして銀行系のカードローン会社ばかりなのと疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

専業主婦ではないとしても一般的なカードローンやキャッシングといったイメージから消費者金融会社を想像するという人も多いのではないでしょうかしかし消費者金融から専業主婦の人がお金を借りることは例外を除いてキャッシングを受けることができないのですこれは法律で決まっており一部の例外例えば配偶者貸付制度の利用などを除けば不可能と言えるでしょう。

仮に審査申し込みをしたとしても授業などをで個人的に収入がない専業主婦の方はまず審査がパスすることはないと言えるでしょう。

 

その理由としては消費者系のカードローンでは俗に言う総量規制の法律が適用されているため安定した収入があることが条件の人でしか融資を受けることができませんつまり安定収入のない専業主婦は利用ができないということなのです。

 

そもそも総量規制でもものは何なんでしょうか総量規制について消費者金融と銀行カードローンとの適用される法律の差を少し詳細に見ておきたいと思います。

 

専業主婦がお金を借りることができないのは総量規制があるから。

 

ここまでサイトで説明していただいたようになぜ専業主婦という立場で借りれないカードローンがあるのかと疑問に思った方もたくさんいらっしゃるのならでしょうかその理由として総量規制があるからと答えしました。

 

それに関してもう少しだけ詳しく解説を加えておきたいと思います。

総量規制って何??

 

総量規制というのは過度な貸付でお金の返済にぶち当たっている人つまり一般的にいうところの多重債務者や貸付業者が過剰に融資することを防ぐための制度ですつまり個人の借り入れ総額を原則として年収の1/3までと犯された貸金業法の法律の一つになります。

 

一昔前であれば個人貸付の審査基準というのは現在ほど主にはシビアではなく、そのせいもあってか必要以上にお金を借りてしまいまた金融会社も過剰貸付で返済に困る人が多く現れましたそのせいで自己破産債務整理ひどい場合には自らの手で他界してしまう人が出てきたしまったため、いわゆるキャッシング返済難民を減らすために平成22年6月18日に賃金業法を守らなければ行かない貸付業者としては個人に対して貸付を行う場合にその個人の年収の1/3までとする貸付金の制限をルールとして定めました。

 

例えば一つ例を挙げるのであればあなたの年収が420万円である場合はその420万円の1/3である140万円までしか貸付業者からキャッシングを受けることができないつまりこれが最高限度額になります例え2社以上にまたがって貸付業者からのキャッシングを利用したい場合であっても全ての合計で140万円までしか融資を受けることができないためたとえ2歳以上から借りたとしてもその限度額に変更はありません。

 

この総量規制という法律が施行されたことで収入ゼロの専業主婦はカードローンでの借り入れが実質的に できなくなりました。

 

そこで一つの疑問が出てくるとは思います。

 

それならばなぜ銀行カードローンは利用することができるの??ということですよね。

 

これに関しては銀行が提供しているカードローンというものはそれを取り締まる法律が銀行法だから、というわけに他なりません。

 

この銀行カードローンは貸付業法ではなく銀行法というものが適用される為、総量規制の影響を受けることなく専業主婦でも借りることができます一般的なカードローンの種類としては信販会社消費者金融銀行系と3種類ありますが信販会社消費者金融系のカードローンには貸付業法が適用されますしかし銀行系カードローンに適用されるのは銀行法。

 

この銀行法というものでは資金の貸付が業務として認定されており個人に対してお金を貸してあげることはできるもちろんカードローンも含みますが総量規制のような制限が全くないため専業主婦でもカードローンを利用できるという仕組みなんですね。

 

この総量規制の法律の理由を知らずに消費者金融を利用した専業主婦の方は審査が通らずどうしてかと疑問に思った人も少なからずいるはずです。

 

しかし例えばその審査が通らずとも一般的なカードローンでは審査に落ちた際の理由はカードローンの社外秘の内容となっており教えてもらえることはまずありません。

 

だとしてもどうしても自分が借金の情報が知りたいという人も中にはいますよねもし個人で信用情報の照会をしない場合はただ単に審査が通らなかったということだけが記憶として残ってしまうのでこうした基本的な知識を事前に入れた上で正しくキャッシング審査申し込みをするようにしてください。

 

専業主婦という職業だとカードローン審査は厳しいのか??

 

今現在専業主婦という形にカードローンの話をするのであれば多くの方が不安としてあげるのが専業主婦だと収入がないからカードローン審査がかなり厳しくするかしないのではないかということですよねあなたも気になるのではないでしょうか。

 

結論から言ってしまうと専業主婦でも兼業主婦でも例えば大企業に勤務しているサラリーマンの方でも審査の基準は一律と言えますですので専業主婦だから特別厳しく審査される通りにくくなるといったような事象はないと言えるでしょう。

 

一般的に書くカードローン会社には独自の審査基準でものがありますそういった背景から多少の差はあると言えますが基本的に基準はどの会社でも同じと言えるでしょう。

 

月々安定した収入がありカードローン申し込み審査の基準としては完璧というような融資申込者であっても審査をお願いしたカードローン会社と別の銀行で既に別のキャッシングを受けているまして朝の銀行で返済遅延などの金融事故がある場合は他にも色んな項目でトータルで見て審査をしてカードローン会社がこの人であれば融資を行っても良いと判断をしてくれればお望み通りの審査通過といった状況になります。

 

ですから一般的ではありえないと思われがちですが専業主婦で初めてカードローンを利用する人が審査の基準が通りお金を借りることができたとしても大企業に勤めているはずのサラリーマンが融資を受けられないなんてことはよくあるようですね。

 

つまり専業主婦だからといってカードローンの申し込み前から、尻込みするのではなくまずは自分の状況確認し借り入れが可能なのかどうかを予め判断したうえで審査を受けその結果を待つのが有効なのではないでしょうか。

銀行のカードローンをしたことを家族や配偶者にバレる心配はないのか??

 

当然といえば当然だと思いますが専業主婦でカードローンを利用したいと思っている人の大半は自分の家族や配偶者には内緒でキャッシングをしたいと思っているものですよね。

 

その理由は自分が融資を受けて責められるのは嫌だお金の話は喧嘩のためになるから家族に負担や迷惑をかけたくないからと言って、その理由は人により様々と言えるでしょう。

 

そういった懸念点がある場合も、銀行カードローンであれば配偶者の同意書を提出することなく利用審査申し込みができるのでその点を懸念している専業主婦の方は安心していただければと思います。

 

審査が通り実際に借り入れをしたとしても配偶者の方の個人信用情報に記載がされてしまったり旦那の会社に在籍確認がされるというようなこともなくあくまで専業主婦であるあなた自身個人として契約を結ぶことが可能です。

 

その他にも専業主婦であるあなたにも利点のあるポイントがありますのでまとめておきたいと思います。

 

専業主婦が家族にバレず内緒で銀行カードローンを受ける際のポイント

銀行カードローンにはどんなメリットがあるのでしょうか?

①郵便物なしにカードローン受けることができる

通常であればローンカードや契約書が発行された場合には無人契約機でのお金の受け取り以外ではカードと契約書が郵送されることになります

 

その郵便物の見た目は銀行名のみが入った封筒で届いてくるはずなので家族がその封筒を開けることさえなければバレませんたらどうしても懸念点があるという人はどこの銀行だとしても利用明細を呼ぶで確認することができる Web 明細に切り替えることが可能です。

 

②配偶者への電話での在籍確認がない

 

例えば専業主婦の立場であるあなたがカードローン申し込みをした場合に一般的に在籍確認は自宅 携帯電話への連絡があるはずです。

登録をした際にあなたの旦那さんの会社の電話番号や携帯電話番号をあなた自身で記入したに限りは配偶者への会社の電話連絡での在籍確認がされることはまずありません。

 

仮にあなたが自宅の電話番号を連絡先として書いた場合でも電話での在籍確認の連絡でカードローン名を電話口で問われることはありませんし口外されることはありません。

 

銀行では利用者のプライバシーを第三者にリークしないために銀行名を又は個人名や金融会社名を名乗って在籍確認を行うはずです。

 

③お金を貸す銀行側も状況を把握している

専業主婦でカードローンを利用するという人が多い銀行としては専業主婦であるあなたが家族に内緒でしておいてほしいということをあらかじめ知識として持っていますので電話での在籍確認や郵送物でそれがばれてしまうことがないようにあらかじめ配慮してくれるはずです。

 

家族に内緒で借り入れできるということへの配慮はもちろんのこと専業主婦の女性の利用者が質問や確認を行えるように窓口も女性専用のダイヤルを設けている銀行も数多くあります。

専業主婦だとカードローンで何円まで借りることが可能なのか??

ここまで読んだあなたであれば専業主婦でもカードローンでお金を借りるということが現実的に見えてきたのではないでしょうか次に気になるのが専業主婦であればいったい何円まで借り入れができるのかというところではないでしょうか。

 

一般的に専業主婦は兼業主婦や安定収入のあるサラリーマンと比較するとどうしても借り入れの限度額は低く設定されてしまいがちです。これは先ほどにもありました総量規制とはまた別の理由で無理な借り入れをしてしまい借金で首が回らなくなる人が出てしまうないようにあらかじめ銀行側が配慮しているためだと考えられます。

 

銀行側が角の貸付を行ったとしても最終的にはそのお金を返済してもらえなければ銀行としても苦しむことになりますので当たり前といえば当たり前かもしれません。

 

だとすると専業主婦の借入限度額は一体何円なのかこれは銀行によっては多少の変化があると思いますが平均的なところで見ると50万円までが限度額と言えるでしょう。

 

この金額で50万円しか融資を受けることができないのかという反応を示すしても多くいるかもしれませんしかし実際のところ50万円も貸してもらえるのというのが実際にカードローンを受けたことのある専業主婦からの体験談でした。

 

例えばの話最大で50万円までを融資を受けることができれば生活しとして使うのであればすぎる金額と言えるでしょうしかしこれはあくまで最大での話なので実際いくら融資を受けることができたのかという質問に関しては平均すると10万円から15万円程度という金額帯が多かった印象です。

 

例えばもし専業主婦の方でそれよりも多くの金額をカードローンとして融資を受けたいのであれば配偶者の同意と規定の申し込み審査を行う配偶者貸付という制度を利用すれば夫婦の収入合わせた収入を元にして貸付を受ける場合が多くありますつまり50万円以上の融資を受けることが可能ということですね。

 

一般的に専業主婦でカードローン利用を検討しているという人は配偶者や家族などに内緒にしたいというばれたくないという理由で銀行カードローン会の審査を検討している場合がほとんどと言えるでしょうですのでまずはあなた自身が申し込みをしてみてどうしても足りなくなった場合に旦那に相談するという選択をするのが一番ではないでしょうか。

専業主婦におすすめしたいカードローン!!

 

専業主婦である立場の人がお金を借りる理由ってどんなものがあるのでしょうかね

あなたと同じように専業主婦でカードローン利用した人の収入そのお金の使い道が気になりませんか?

 

専業主婦のお金の使い道とはいったい

 

自分が借り入れ申し込みするには果たして正しい使い方なのかどうか過去に融資を受けた体験のある人とその使い道に関してランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

専業主婦はカードローンで借りたお金をこんな風に使っている!!

専業主婦がカードローンを利用する理由は人それぞれだと思いますが、どんな理由でカードローンに踏み切るケースが多いのでしょうか。

①生活費

 

カードローン利用目的で一番多いのが生活費でした意外でしたでしょうかアンケートに協力してもらった専業主婦の方に聞いたところ約5割の人が生活費の少し足りない部分をカードローンで借りれしてお金で補填していました。

 

②クレジットカードの支払いに充当する

 

これに関してはあまり正しい使い道と言えないかもしれませんがクレジットカード前月に使って翌月の支払いにカードローンを利用するという目的の人もいました。

これはあくまで計画的ではないかもしれませんが主婦として収入がゼロの人にとっては仕方ないのかもしれません

 

③自分が買いたいものを買うため

 

これに関してはあまり褒められたものではないですよね。欲しいものがあるのであればお小遣いをやりくりすべきだと思いますがね。

 

④レジャーや旅行代金に充当するため

 

家族が人数が多かったりすると旅行資金が少し少ない場合の予備資金としてカードローンを利用するとそして使わなかった文はそのまま返済に回すという方法がどうもあるようですこれに関してはあくまで予備資金ということですので転ばぬ先の杖といった印象ですね。

 

⑤医療費に充当するため

 

これはやむを得ないケースと言いますもちろん自分が患った病気や怪我に関しては当然なのですが子供親旦那の家族の治療費に使うという意見も多かったです 。

本来であればカードローンはこういう使い方をすべきなのかもしれませんね。

 

⑥子供の教育費に回すため

 

これは上に挙げた医療費とほぼ同じ意見でした教育費ですよね子供の塾や学校の教材費って結構バカになりません特に3月から4月の利用目的が多いのでこの時期にカードローンを利用する方が多いようです。

 

⑦冠婚葬祭

 

冠婚葬祭と一言でいますが結婚というよりも葬儀のためにカードローン利用するという意見が多かったですね葬儀となるとやはりいきなりですから専業主婦にとってもかなり大きな出費突然の出費となりますね。

 

⑧住宅ローンの充当

 

どこの家庭でも基本的には旦那が住宅ローンの支払いをしているものだと思いますが給料日が入るタイミングでズレが生じてどうしても住宅ローン支払いができない場合にのみ利用を検討している人が多いです。しかし住宅ローンの支払いでは毎月のものですので、それをカードローンで補いというのはかなりリスクが高いと言えそうですよね。

 

ということでいろんな方のカードローンの利用方法についてみてきてました。

立場は専業主婦ということですがお金を使うのは何も自分のことだけではなく家族のために使うケースというのが大半のように思います瀬戸際になって後悔してしまないためにも正しい知識を持ってカードローンを利用するというのがいいようですね。

 

最後に!!今からカードローン申し込みを検討している専業主婦の方へ

こちらのサイトでは専業主婦の方でもカードローンが利用できるという現状についてカードローンの種類の違いという点からまとめて行きました。

 

消費者金融カードローンは貸付業法が適用されるため専業主婦では審査を通すことは難しいしかし銀行カードローンは貸付業法ではなく銀行法が適用される

旦那にバレずに内緒でお金を借りたい専業主婦が確認しておくこと

なるべくであれば旦那に相談できる状況なのであれば配偶者貸付制度の利用を検討すること

ただ私は当方のサイトで紹介してるのは基礎的な知識のみです。

 

私がどれほど情報を伝達したとしても最終的に決断をしキャッシングを受けたりカードローンを利用したりするというのはあなた自身に責任がかかりますこのサイトで学んだからといって申し込みをしてみようと気軽に洗濯するのでなくお金を借りる際に必要なものその後借りるで借りた後の返済計画どのくらいの期間で 関西することができるのかなど返済計画を確実に立てた上でカードローンを利用するようにしてくださいね。